アイマグブログ イラストレーター デザイナー 似顔絵師 芸術家 佐伯ウサギ

imag096.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「もし男の子になったらどんなことがしたい?」アンケート結果クイズ選択肢イラスト Eテレ Rの法則

d0352145_00074081.png
昨日放送されました 2016年最後の(再放送を除けば) EテレRの法則「WEBティーンズ年末SP」にてイラストを描かせて頂きました★

大ヒット映画君の名は。のように「もし男の子になったらどんなことがしたい?」アンケート結果クイズ選択肢の説明イラスト

その1 可愛い女の子とデート

その2 サッカー選手など筋骨隆々になってスポーツで活躍

その3 床屋で丸坊主
d0352145_00131546.png


その4 男子トイレに入ってみたい
d0352145_00131503.png

ちなみにその結果は!!

……残念ながらその放送時間、夜7時ころ 私は渋谷で忘年会だったもので確認しておりませぬ。
なんだったんだろう

逆に男子に「女子に入れ替わった時にしたいことは?」と聞いたら、何がランクインするでしょうねー
(きっと断トツであろうエロ以外で)

お化粧? ガールズファッション? 出産? とかになるんでしょうかね~


先週くらいに放送されましたRの法則 双子回でも仲良しあるあるイラストと、双子ファッション・コーディネート説明絵を描きました。身長・体型がちがってる時でもダボッとした大きめ服なら仲良し双子感だせるそうです。
d0352145_01283089.png
d0352145_01275936.jpg


PS

ひとりぼっちクリスマスを過ごした私は、お正月も地元愛媛には帰らずボッチお正月です。
関東周辺をボッチ冒険したり、部屋でボッチPS4遊びを堪能する毎年恒例ボッチ充な予定です。

忘年会で彼女作らないの?トークになり「太ってるから諦めてます」「お金持ちじゃないし」「不安定な仕事だし」とネガティブな事を言ってると、フリーなのにとても勿体無い! ぽっちゃりを気にしない女子もいるよ! とアドバイスをいただきました。

「そもそも本当にネガティブなら笑ってネガティブとは言わない」ともw

そうか、そうだ、確かにその通り。 ひとりの人生も楽しいけど、気の合うパートナーがいれば人生もっと楽しいはず! 幸せな結婚とか諦めるのはまだ早すぎる! 来年は仕事も恋愛も失敗を恐れないで少しは積極的になろうと思いました。



[PR]
by imag0960 | 2016-12-28 00:18 | NHK Eテレ Rの法則 イラスト制作 | Trackback | Comments(0)

先日2歳になったピカソくん。ウサギの爪きり料金

 
最近のピカソくん。 爪が伸びたのでジャングル南行徳店さんで爪を切ってもらった。確か500円。僕一人ではヤンチャなウサギ相手だと、暴れて出血の危険があるのでプロにやってもらうのが安心だ。

近所にいい店があって良かった。ペットホテルも併設、病気も診てくれるし、ウサギの餌も種類が豊富でいい。おねえさん達はさすがプロ、僕が抱っこすると暴れがちなのに大人しくしていた。

冬になり朝晩冷える。ウサギの快適温度は15~28℃らしいのでエアコンはほぼつけっぱなしの20℃にしている。先々月の電気代が2600円で、先月の電気代が3000円だからそんな高くない。省エネ設計のエアコン様様だ。
d0352145_17243889.jpg
d0352145_17243873.jpg
d0352145_17243995.jpg
d0352145_17244069.jpg
そういえば、ピカソくんの誕生日は2014年11月18日だったから、もうまる2歳なんだなぁ
人間で言うと28歳だそう。ウサギが3歳で人間の36歳だそうで今の僕とタメになる。

ウサギが10歳で人間の92歳。あと8年ほど、長生きしますように。



[PR]
by imag0960 | 2016-12-12 17:53 | ウサギのピカソくん | Trackback | Comments(0)

大田区おおたオープンファクトリー2016 似顔絵職人ヒーローカード + 「嫌われる勇気」とかのアドラー心理学ってマッチョでドライで共感するし反論もしたい感じ

 
d0352145_19022316.jpg

週末、日本を支える職人が沢山いる街 東京都大田区にてイベント
おおたオープンファクトリー2016
開催されました! 
d0352145_18014817.jpg
今年も似顔絵描かせてもらった職人ヒーローカードですが、似てると喜ばれたし、子ども中心に楽しく集められ大好評で良かったです☆ 工場見学OKだった企業さんには、例えば…

「100人乗っても大丈夫!」でおなじみ稲葉製作所さんや、グッドデザイン賞受賞された「はがせる魔法のペン マスキングカラー」の太洋塗料株式会社さん等 有名企業が多数参加★ (太洋塗料さん前歩いてたら見たことある人だ!描いた人だ!と気付き、写真撮らせてもらいましたw)

イナバ物置がロボになり小さく描いた社長が頭部で操縦してるシーンを描いたり、食品サンプルを作る会社なので、料理を着た戦士にしたり♪
d0352145_18015054.jpg
d0352145_18015121.jpg


さて、大田区を歩いたその日の夜、僕は友人のバジョカさん主催のライブと詩のイベント SPEAK SPARKS へ行きました。
d0352145_18014534.jpg
d0352145_18313512.jpg
それぞれ皆さん僕には無い個性的な世界観をお持ちで勉強になりました!

終了後、バジョカさんは30人位の人達に囲まれてたので、忙しそうだし邪魔したら失礼だと思い挨拶もせずそのまま帰宅。だけど…僕は気を使って挨拶しなかったけど、これは人によっては無礼だと怒るかもしれなくて、間違った行動かもしれない。。なんて電車で考えていました。

ああ、「怒る怒らないはキミの問題じゃなく、相手の問題だ。気にするなほっとけ」とアルフレッド・アドラーなら言うのかな?

最近ユング・フロイトと並ぶ心理学者アドラーの本「嫌われる勇気」系を読むと、「人を褒めてはいけない、それは見下す行為だ」「人は皆平等」「トラウマなんて嘘だ」「イジメられるから学校行きたくないは違う、本当は学校行きたくないからイジメられてると自分が都合よく理由を作っているだけ」とか目からウロコの意見が沢山あって、共感したり納得いかなかったり。印象なんですが、アドラーって、ウツは甘え!と言ってる人みたいなマッチョで厳しくドライ、優しい笑顔で往復ビンタしてくる感じがちょっとします。

ベンチャーや飲食店の社長とかがよく言う夢を応援!努力したら夢は必ず叶う!幸せと笑顔とありがとうを集めよう!無理だって?それは逃げているだけだ!死ぬ気で頑張れ!・・・みたいなニオイがなんかします。僕だけかもしれませんが。

例えば、「子どもを褒めるのは悪い行為である。褒められないと動かないダメな大人になる」そうアドラーは言う。
厳しくはダメ、褒めて育てよう!教育こそが正解と耳にしがちな最近の日本で育った僕には驚きの哲学でした。

でも、アドラーは金持ちも貧乏人も賢者も愚者も平等だ。みたいな事を言ってるのに、「褒められないと動かないダメな大人」みたく結局人の上下をつけてるじゃん!って、矛盾を感じたりもします。

反論したくなりつつも、「これしたら相手は怒るかな? 嫌がるかな?」「こんな絵を描いたら見た人が不快かな?なら描いちゃダメだ。でも描きたいなら描けばいいのか?」とか「生きるとは何か」とか考えて変にずっと悩んだりする事もある僕は、アドラーのある種マッチョでドライな思想に救われる部分も感じたのは事実です。「ああ、他人は変えられないんだ。」「わかるよって抱きしめても、相手の痛みは結局自分とは分離してるんだ(だからこそ助けられることもあるし、他人の傷ついた感情に罪悪感を感じすぎてこちらが必要以上に病む必要はないし、それはしょうがない前向きに生きるしかない)」みたいな感じで。


アドラーの心理学は、自己啓発セミナーとかの元になったともいわれていて、賛否両論だそうです。
そんな訳で、「子どもの教育」ひとつとったって褒めて育てるのが正義な人もいれば、褒めるのは最低の行為という人もいて、

こういうオープンファクトリーみたいに工場見学で子どもの頃から実際に体験するのが良いという人もいれば、とにかく学校のテスト勉強で良い点数とるのが良い人もいる。極端なら、子どもはスパルタに殴って育てるのが正しいなんて人もいて。

ライブで大体の歌手・アーティストの人達は反戦でラブ&ピースな歌を歌うし、バジョカさんも政治や平和の詩を話していて、共感したり僕には難しかったりだったけど、人それぞれ教育でも正義でも国でも宗教でも価値感が違うのが争いの元なんだろうなーと思ったりもしました。

アドラー絶賛してるホリエモンさんとかは、国なんか無くそう。と言ってたり、なるほど嫌われようと言いたい事を言う!アドラーっぽいぜ!と思ったり。 そんな訳で、教育や平和について考えた1日でした☆

PS:その前日は、うちのマンションに来た友人達を見送りに慌てて外に出たから、カードキーを持っていくの忘れてしまい深夜寒い外に何時間も出るハメになり「早く誰か住人出てくるか帰ってきてくれーー・・・!!」と、プチ地獄も味わっていましたw




[PR]
by imag0960 | 2016-12-05 18:36 | 描いたイラスト/デザイン/似顔絵 | Trackback | Comments(0)

SAEKI USAGI


★ 佐伯ウサギホームページ http://saekiusagi.tumblr.com/

★僕が2009年4月~2015年11月まで、アイマグに書いたブログ記事を保存したサイトがこちらです。よき思い出ですなぁ http://usagisugukesu.blog.fc2.com/

★さらに前、2006年7月~2009年4月までのブログがこれ。半ケツ写真とか恥ずかしいことも載せてました笑 http://saekitoyo.blog63.fc2.com/

生年月日: 1980年2月22日 魚座 O型 たまに孤独な独身男 出身地: 愛媛県東温市  現住所:東京中野→いま千葉浦安
職業: イラストレーター/グラフィックデザイナー/似顔絵師/芸術家

愛媛県立松山南高校デザイン科卒
2000年 20歳前後 近所の金属加工会社で汎用旋盤工として勤務。 汗と油にまみれる1年、やっぱり絵を仕事にしたくなる。
2001年~2007年 地元求人情報会社に就職。誌面デザインや表紙イラスト、カットイラスト担当。この頃、佐伯ウサギと名乗り始める。その後デザイン会社に誘われ就職。チラシ、フリーペーパーのデザインや名刺や・結婚式ウェルカムボード・ギフト用に似顔絵の制作開始。

2008年9月に独立 フリーランスへ。 佐伯ウサギデザイン事務所として、周りの方に助けられながら愛媛県を中心に活動。 部屋の中でデザインするイラストを描くだけでなく依頼があると、お祭り、ブライダルイベントなどで即興似顔絵を行い喜ばれる。消費されるだけの作品ではなく誰かの宝物や思い出になる作品を創る幸せを改めて知る。
愛媛で有名なサイト「アイマグ」さんにて依頼がありBlogを書かせていただく事に。
2012年春~秋 河原デザインアート専門学校にて商業イラストレーション非常勤講師を依頼され、短期ならば、僕でよければ!とやらせていただき良い経験になった。
この頃、理解されないかもしれないけど、 作りたいものを作る活動もしたい! と、抑えていたアート方向の創作意欲にも向き合い始める。

頭の中に「一度きりの人生を生きること、不老不死」をテーマに書きたい物語が浮かんだので、半年かけて愛媛が舞台のSF小説「アップルスネーク」を書く。 http://bccks.jp/bcck/114905

2012年秋、芸術といいますか自分が欲しかった神様といいますか、簡単には言えないんですが、サムラビッツ活動を開始。人の悩みから生まれる怪物「悩み龍」を、希望の剣で断ち切ってくれる手乗りサイズの神様。それがサムラビッツ。見た目はウサギ+SAMURAI。神様なんだけど不完全でちょっとドジ。そんな彼の夢は、世界中の悩みに押しつぶされそうな人のそばにいって、悩みをちょっとでも軽くしてあげること。 僕はまずずっと心に引っかかっていた被災地東北まで行って手を合わせる事にしました。そこまでの地続きの街々を軽自動車で走りながら、人々が救われる光の象徴である観光地を訪れ、観光地 × サムラビッツの絵画作品を描く約10日の旅をしました。途中、無性に今すぐ個展がしたくなったから、その絵達を見せるため自分を変えるため、急いで問い合わせや準備をして1週間で愛媛県美術館で はじめての個展 「闇を断つ希望の剣 サムラビッツ展」をむりやり開催。意外と多くの方に見ていただけて良かったです。

2013年4月 表現者としての経験・挑戦のため東京へ上京。ちょっと迷いが生まれたのでサムラビッツ活動を休止することにしたり、もう似顔絵を描かない宣言をして撤回をしたこともあったり「クローゼッ島アニマルズ」活動もグルグルしてたりと、迷走もしがちな人間ですが、なんとかまわりの優しい人、素晴らしい先輩達のおかげで成長している!…はずです笑。

2016年頃から★NHK EテレRの法則イラストなどテレビのお仕事をいただくことが増えてきました。 他にも、★ラスカルでおなじみジェイアニメ様の新キャラ「きのぼりカンガルーシンドーさん」をデザインさせていただいたり。シンドーさんLINEスタンプ好評発売中♪http://imag096.exblog.jp/23617196/

似顔絵だと、★大田区のおおたオープンファクトリーというイベントで2015年から2016年と日本が誇る職人さん達の似顔絵を描き、ヒーローカードにする企画に携わらせていただき好評です!

※フジテレビ番組 クイズやさしいね 世界が驚いた!日本の思いやりSP 2017年2月21日放送にて、この職人似顔絵ヒーローカードが出題されました!!

★2016年~ すごいクリエイター集団チームラボ様の、チームラボカメラのグラフィック制作をさせていただくことも。

クライアント様の希望、欲しいことを汲んだイラストやデザインを心がけています。ご依頼、お問い合わせはお気軽に!お待ちしております。

メール saekiusagi1@gmail.com (@の前に数字の1があります。お忘れなく。)

ツイッター https://twitter.com/saekiusagi

★ 佐伯ウサギホームページ http://saekiusagi.tumblr.com/


by imag0960

line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite