アイマグブログ イラストレーター デザイナー 似顔絵師 芸術家 佐伯ウサギ

imag096.exblog.jp ブログトップ

ロッキン2017初日感想 B'zはロックスター スカパラのサプライズゲスト奥田民生 日本の曲はダサい病

d0352145_19484993.jpg
初めて行った ロッキンジャパンフェス
最高でした😆

13年ぶりロッキン登場 スカパラのサプライズ!

メンバー紹介の最後に
「ボーカル 奥田民生!」

美しく燃える森  大好きな曲
d0352145_18101080.jpg
ファンからのキャーという歓声
前のほうで見てたけどグワーと後ろから押された

スカパラのライブは昔何度か行ったから
ほぼ同じ時間のサチモスに行こうか迷ったけど
レアな瞬間に立ち会えて スカパラ選んで僕には大正解でした。

谷中さん 「お願いがある。隣の人と肩を組んで」

非日常な一体感が
会場全員が仲間っていう感じが味わえて楽しかった!



屋台で神戸牛すじ肉丼食べていると 近くのステージからは

「僕ら今 はしゃぎすぎてる 夏の子供さ」という曲
聞いたことある 真心ブラザースのサマーヌード いい


この日は朝 浦安駅7時30分発の電車にのる
勝田駅についたらシャトルバスを待つ長蛇の列

オープニングアクトのゴールデンボンバーが終わった頃
会場に到着できた

噂では B'zものまねの人をゲストに呼んで
一緒にウルトラソウル歌ったとか 楽しそうだ


スカパラが終わったとき 遠くのメイン会場グラスステージでは
サチモスの終盤

全力早歩きで頑張ったので、サチモスも見ることができました。
CM曲で知ったきっかけのSTAY TUNEが聴けた いい曲。

その後ラストもう1曲歌っていたけど 
また早歩きでさっきのスカパラがやっていた
レイクステージへ引き返す 忙しいw でも見たいものは見たい


LiSA
OPは間に合わなかったけど 好きな曲が色々聴けて良かった
アニメロサマーライブでは聴けなかった曲
「say my name の片想い」が最高で かわいかった

d0352145_18101013.jpg
ナオトインティライミ
特別好きなアーティストじゃなかった
ミスチルのライブに一緒にいた印象しかなかったけど
客の盛り上げ方とトークがめちゃ面白かった

アフリカとかここ半年旅して 声量やリズム感が
黒人には勝てないと知ったけど 逆に

海外にはないJ-POPの良さ 丁寧な作りを 改めて好きになったそう
ジーンとなった
キリン氷結CM曲 「恋する季節」やって欲しかった あれが大好き


back number
きれいなバラード曲が良かった


マキシマムザホルモン
トークがめちゃくちゃ面白かった B’zの曲歌ったり
ヴァギナって大声で叫ぶことなんか普通ないのでいい経験になった

前のほうにいたのでモッシュが面白かった 
四畳半に30人詰め込まれて押し合いへし合い
モンスターバッシュやセットストックで体験したのを思い出した


初日のトリは ロッキン初参加のB'z

もう・・・

次元が違っていた すごい
歌い方と ルックスと振る舞いが本当最高

ゆずとか桑田さんとか別日に出る
ジャンルでいうなら多分POPのアーティストが
沢山出演するロッキン

J-ROCKのスターはやっぱりB'zなんだなー
6万人入れるグラスステージが入場規制で入れなくされるという

ファンじゃなくても歌える曲だらけですごい

「ギリギリチョップ」とか「衝動」で名探偵コナンを思い出す

アンコール後に「ロックスター」と
英語で書かれた服着て登場した稲葉さんがかわいい

僕が初めて買ったCDは B'z「裸足の女神」
裸足の女神をこの日歌ってくれて
子どもの頃を思い出して なんかウルウルした というか泣いた

d0352145_18101142.jpg

花火も最後まで見て帰った。
グラスの前にいたからバスまで早歩きでも時間がかかる。
浦安に終電ひとつ前に帰れたけど、あと10分遅れたら無理だった

絶対その日に電車で帰りたい人は
グラスステージ前には行かないほうがいいです。


僕は10代後半頃から日本の曲はダサい病に感染して
海外のアーティストばかり聞いていた
ライブもエアロスミスとかレッチリとかしか行かなかった

20代前半にその病気を治してくれたのが
ミスチルのアルバム 「IT'S A WONDERFUL WORLD」
始まりの曲 蘇生でいろいろ救われた

そして B'zのアルバム 「GREEN」 
聴きながらドライブするのが好きだった


音楽はいいなー
いろんな思い出と感情を引き出してくれる

そして足と腕が筋肉痛



[PR]
by imag0960 | 2017-08-06 19:52 | イベント感想/旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://imag096.exblog.jp/tb/25208858
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

SAEKI USAGI


★ 佐伯ウサギホームページ http://saekiusagi.tumblr.com/

★僕が2009年4月~2015年11月まで、アイマグに書いたブログ記事を保存したサイトがこちらです。よき思い出ですなぁ http://usagisugukesu.blog.fc2.com/

★さらに前、2006年7月~2009年4月までのブログがこれ。半ケツ写真とか恥ずかしいことも載せてました笑 http://saekitoyo.blog63.fc2.com/

生年月日: 1980年2月22日 魚座 O型 たまに孤独な独身男 出身地: 愛媛県東温市  現住所:東京中野→いま千葉浦安
職業: イラストレーター/グラフィックデザイナー/似顔絵師/芸術家

愛媛の田舎の山奥で育つ。小学生低学年まで家には水道がなく、母は川で洗濯し、お風呂は父が川から汲み薪で沸かしていた。川で魚を手づかみしたり、バケツいっぱいにイモリとったり、山には猿がいる…近所に人もそんなにいない、スーパーも遠い、文明があまりない自然だけは豊かな環境で育つ。たまに連れて行ってもらった松山は超大都会に見えていた。物心ついた頃から絵を描くのが好きだった。

愛媛県立松山南高校デザイン科卒 その後広島へ行く。集英社ジャンプへ持ち込みしたり、洋楽にはまったり、生活費稼ぐ為バイトに明け暮れたり。東京で漫画家先生のアシスタントに受かるも、生意気に先生に反論したりして1日でクビになる。自分に絵の才能は無いんだと思い地元愛媛に帰りなんでもいいから働こうと思う。すべてに疲れて、好きだった絵を描くのが嫌になる。

2000年 20歳前後 近所だったからという理由だけで、金属加工会社で汎用旋盤工として勤務。汗と油にまみれる1年。工場なんて誰でも出来る仕事やろ、と最初はなめていた。だけど現実は高い技術と集中力と体力がいった。普通に仕事して普通に生きるって簡単じゃないんだと知った。ヤンキーあがりの同僚が仕事はちゃんとしてたり人は見かけじゃわからないと知る。女の子ナンパに海辺へ夜連れていかれたり真面目な世界しか知らなかった僕に色んな世界があることを教えてもらった。ただそういうヤンチャな人は、人として時々クズだったりもするので、やっぱ僕には合わないなとも思った(笑)。仕事的には安定した日々だったけど、フツフツとやっぱり絵を描きたくなる。なんでもいいからとりあえず絵を仕事にしたくなる。「そんな夢みたいなことで辞めたら後悔するよ」と優しい上司に心配されたけど決めたから退職。同僚のヤンキーくんは「仕事辞めて~」とよく言っていた。僕が言ってすぐ辞めたら「お前すげーな」となんか褒められた。

2001年~2007年 友人の紹介で、地元求人情報会社にバイトで就職。すぐ正社員になる。誌面デザインや表紙イラスト、カットイラストいろいろやることになる。この頃、ひょんな事から佐伯ウサギと名乗ってしまう。その後デザイン会社に誘われ就職した時にも佐伯ウサギをそのまま使用することになる。人生は不思議だ。

いろんな広告デザイン、フリーペーパーの紙面デザインや名刺や・結婚式ウェルカムボード・ギフト用に似顔絵、そこの店舗の接客やレジ打ちなど、やったことない経験を色々する。先輩デザイナーもいなくて、デザイナーは自分一人だったし誰にも教えられないままなんとか独学で制作。午前9時出社し午前4時退社し午前10時出社とか…多忙な日々。ある意味超ブラックだったのかもしれないけど、一緒に紙面作った編集さん達との取材の思い出は、今となっては宝物だ。思い返せば似顔絵も飲み屋でノリで描いてみたのがきっかけだった。本当に人生は不思議だ。予想しないことが起きる。

2008年9月に独立 フリーランスへ。自分ひとりで自由にやると楽しいかもと単純に思ったから。経営の知識もなく、営業のスキルもないけど。屋号、佐伯ウサギデザイン事務所として登録。周りの方に助けられながら愛媛県を中心に活動。部屋の中でデザインするイラストを描くだけでなく、依頼があると地方のお祭り・ブライダルイベントなどで即興似顔絵を行い喜ばれる。部屋で黙々仕事すると息が詰まるのでそんなお仕事依頼は楽しかったです。そして、消費されるだけの作品ではなく誰かの宝物や思い出になる作品を創るってめちゃ幸せだなーと知る。

愛媛で有名なサイト「アイマグ」さんにて依頼がありBlogを書かせていただく事に。

2012年春~秋 河原デザインアート専門学校にて商業イラストレーション非常勤講師を依頼され、短期ならば、僕でよければ!とやらせていただき良い経験になった。

この頃、理解されないかもしれないけど、 作りたいものを作る活動もしたい! と、シャイで臆病だからずっと抑えていた自分を表現するアート方向の創作意欲にも向き合い始める。

頭の中に「一度きりの人生を生きること、不老不死」をテーマに書きたい物語が浮かんだので、半年かけて愛媛が舞台のSF小説「アップルスネーク」を書く。 http://bccks.jp/bcck/114905

2012年秋、芸術といいますか自分が欲しかった神様といいますか、簡単には言えないんですが、サムラビッツ活動を開始。人の悩みから生まれる怪物「悩み龍」を、希望の剣で断ち切ってくれる手乗りサイズの神様。それがサムラビッツ。見た目はウサギ+SAMURAI。神様なんだけど不完全でちょっとドジ。そんな彼の夢は、世界中の悩みに押しつぶされそうな人のそばにいって、悩みをちょっとでも軽くしてあげること。 僕はまずずっと心に引っかかっていた被災地東北まで行って手を合わせる事にしました。そこまでの地続きの街々を軽自動車で走りながら、人々が救われる光の象徴である観光地を訪れ、観光地 × サムラビッツの絵画作品を描く約10日の旅をしました。途中、無性に今すぐ個展がしたくなったから、その絵達を見せるため自分を変えるため、急いで問い合わせや準備をして1週間で愛媛県美術館で はじめての個展 「闇を断つ希望の剣 サムラビッツ展」をむりやり開催。本当に計画性無く、胸からあふれた衝動で動いた活動だけど、意外と多くの方に見ていただけて嬉しかったです。芸術家をやるのに資格はいらないみたいだ

2013年4月 表現者としての経験・挑戦のため33歳で東京へ上京。愛媛の仲間には「東京は絵を描くライバル多いからやめとけ」とか「バイトに明け暮れて帰ってくるよ、そんな若者だいぶ見てきた。君には向いてない」と優しさから心配されたけど、決めたのでいく。

僕はおとなしい人間だが、弱虫ではないのだ。羊の皮をかぶったオオカミ・・・いや、ウサギなのだ!

東京は高層ビルが多いし、電車に乗ったりできるのが新鮮で楽しかった。東京中心以外は昭和っぽく意外と古臭いことも知った。人情もあって冷たい街ではなかった。そんな知り合いもほぼいない東京でアート活動がとんとん拍子にいけばいいんだけど、ちょっと迷いが生まれたのでサムラビッツ活動を休止することにしたり、新しい自分に生まれ変わりたくて、もう似顔絵を描かない宣言をして、だけど描いてほしいという依頼もありがたいことにあって撤回をする。オリジナル創作活動のひとつ「クローゼッ島アニマルズ」活動もグルグルしてたりと、迷走しがちな人間です。お恥ずかしい。ですが、なんとかまわりの優しい人、素晴らしい先輩達のおかげで成長している!…はずです笑。

2016年頃から★NHKや、EテレRの法則イラストなどテレビのお仕事をいただくことが増えてきました。 他にも、★ラスカルでおなじみジェイアニメ様の新キャラ「きのぼりカンガルーシンドーさん」をデザインさせていただいたり。シンドーさんLINEスタンプ好評発売中♪  http://imag096.exblog.jp/23617196

似顔絵だと、★大田区のおおたオープンファクトリーというイベントで2015年から2016年と日本が誇る職人さん達の似顔絵を描き、ヒーローカードにする企画に携わらせていただき好評です! 2017年も関わらせてもらい感謝。

フジテレビ番組 クイズやさしいね 世界が驚いた!日本の思いやりSP 2017年2月21日放送にて、この職人似顔絵ヒーローカードがクイズとして取材いただき放送されました!!

★2016年~ あのクリエイター集団チームラボの、チームラボカメラのグラフィック等制作に関わらせていただくことも。本当人生は不思議

★小学生向けに、わかりやすく日本遺産 四国お遍路をくわしく解説したパンフレットのマンガやイラスト制作  http://imag096.exblog.jp/24300340

などなど、色々とやらせていただいています。ありがたいです。クライアント様のご要望をくんだイラストやデザインを心がけています。ご依頼、お問い合わせはお気軽に!お待ちしております。

メール saekiusagi1@gmail.com (@の前に数字の1があるのでご注意。)

ツイッター https://twitter.com/saekiusagi

★ 佐伯ウサギホームページ http://saekiusagi.tumblr.com/


by imag0960

line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite